アートビルダー採用情報

Ryo Henmi

キケンな新人職人

トレンドから埼玉のことまで
職人目線でどんどんレビュー

夏は暑い。冬は寒い。毎日現場で作業していっぱい動いています。

そんな職人だからこそ語れる、快適でコストパフォーマンスの良い衣類や気になるアイテムをレビューするというミーハーだけどプロな情報ブログです。

ご家族の方へ

ワークマン?ユニクロ?リアルワークマンがリピートしてる謎のベストとは?比較したダウンベスト本当のおすすめ!

ワークマン?ユニクロ?リアルワークマンがリピートしてる謎のベストとは?比較したダウンベスト本当のおすすめ!

ユニクロとワークマンの冬の人気商品ダウンベスト。その暖かさや機能性、リアルワークマンなら気になる耐久性を比較!そして職人がリピートしているダウンベストもご紹介!

12月になって冬本番を迎えるこの季節ですが、今年は結構暖かい日が続いていて暖かさの比較があまりできないかと思っていますが。。
ただここがポイントですね。ベストってがっつり寒いときに着るものじゃなくて少し肌寒いとか動くとかの調整に役立つ衣類だと思います。
車内、外、動くこと、などを考慮したベストなベスト!を見つけたいと思います!!

比較するベストは3種類

ユニクロ:ウルトラライトダウンベスト

ユニクロライトダウンベスト

もはや紹介するまでもない。ユニクロの超定番人気のライトダウンのベストです。

ワークマン:AERO STRETCH ULTIMATE(エアロストレッチアルティメット) フーデッドベスト

数ある商品の中から選んだ比較商品は、エアロストレッチアルティメットフーデッドベストです。ワークマン独特の凹凸形状のベストで裏地のギンギラ素材が気になっていた商品です。

自重堂 [JAWIN] 58310 ベスト

96960

知るひとぞ知る!弊社での愛用者多数のベストなのです!JAWINって何?て感じですよね。職人御用達のショップ『WORKLAND』で売っている商品です。

 

実は僕が3年間リピートしている商品なんです!

 

今回はこの三種類をがっつり職人目線で比較していきますよ!

気になる暖かさはワークマンに軍配!

 

これから寒くなる季節。現場は朝が早いのでがっつり冷えます。なので暖かさは重要。

 

まずはユニクロのライトダウン。
3点の中で一番暖かくない。。正直なところ現場の冷える朝には物足らないかも。軽いからなんか着てる感じがない。インナー用って感じですかね。

続いてワークマンエアロストレッチ。

あ!あったかい!というか熱い💦
この裏アルミの保温効果なのか?独特な凸凹設計なのか?とにかく暖かいというのが最初の印象。しかし分厚いのでインナーには向かないので調整といった役割でいうと、気温20度前後、秋冬の暖かい日中は微妙かも。とはいえアウターとしては物足りないか?使い所が難しいけど、3つの中では断然暖かいのは事実です!

お次は謎商品、わたくしRYOリピート愛用のJAWINベスト。

とにかく暖かくてこればかり着ていたので、ワークマンベストの暖かさに少しびっくりしているのですが、長年愛用しているだけにこの商品も十分負けず劣らずあったかいです!調整という意味でも程よいかんじで、がっつり動き回る作業中以外は絶対にきています!

 

暖かさはワークマンに軍配かな。

 

抜群の携帯性!ウルトラライトダウンの名前の通りライトです!

軽さ比較ですが、ユニクロのウルトラライトダウンが抜群の軽さ。もはや着てないですね。今更いうまでもありませんが

バツのグンにコンパクトになります。

比べてワークマンベストは、、

正直微妙だな、、、
JAWINベストは、、たたむという概念がないので省略。

 

正直コンパクトなのは仕事ではあんまり求めないかな。着ていくし、暑かったら脱いでトラックに積んでおくので。でも、普段外で遊ぶ時とかにカバンに潜ませておくとかなら、めっちゃいいよなあ。

そして軽さなんですが、確かに現場で作業中に中に着るのにユニクロのベストはありと思うかもしれないですが、実は結構足場って引っかかったりするので正直破らないか心配で着れないですね。。営業さんには向いてるかも!

てことで営業の社員に聞いたところ。

どーーん!
アートビルダーロゴ入りでオリジナル作っとるやないかい!!

 

営業田代:
外ではちょっと寒いと感じることもあるんだけど、室内にいるにはちょうど良い。僕らは現場にいることもあるけど、自社内、先方の社内、多分一番多くいるかもしれないのが車の中。
そういう意味でちょうどいいかな。

 
 

なるほど!適材適所ってことね。

とにかく暖かい!保温性で選ぶならワークマンエアロストレッチ!

今回の比較3種類のなかで特に暖かいなと感じたのはワークマン製です!裏地のアルミの銀銀素材が保温性をアップさせているか、風が吹いても寒くない。ユニクロだと普通に寒い。やや分厚いのでインナーに向いてないとは書きましたが、着ている感じでいうともっと分厚いダウンを着ている感じ。そしてそれをぎゅっと縮めた感じですかね。なんとも不思議なベストです。

 

ん?チャック以外になんかあるぞ!

このベストは熱いっていうの書きましたが、なんとそれを調整するためのファスナーも付いてました。調整するために着るベストをさらに調整するためのファスナー!これはまさに超調整ベスト。なるほどよく考えられていますね。他にも

この独特な凹凸。公式によると、『この凹凸には意味がある』だそうで伸縮率130%と動きやすい工夫がされているようです。

 

見た目でいうと他の比較商品にはフードが付いてないので比較ポイントには含めないですが、フードがしっかりしているのでフードが立つシルエットが綺麗で着た時にいい感じだとおもいました!
カラーバリエーションもブラック・スピンネイビー(着用)・イエロー・ホワイトあります。ネイビーの柄なしもあったらよかったなあ。。

リアルワークマンが選ぶベストなベストは、自重堂JAWINベスト!

3つを比較してそれぞれ特徴があるので好みに合わして買うのがいいなと思いましたが、その中で職人=リアルワークマンが選ぶのは暖かさや携帯性よりもタフさと動きやすさ。私RYOがリピ買いして3年以上このベストを着ています。他の弊社アートビルダーの社員も3人ほど愛用している、知る人ぞ知る最強ベストです。

まず、暖かさでいうとワークマンベストにやや劣るも十分にあったかいです!
ゴツゴツしているように見えますが軽くて動きやすいんです。そして分厚い!この分厚さが重要!少々の激しい運動や、擦れでは破れません。この破れなさ、強さこそ最強と思って愛用している理由です。
そしてコスパも最強。
主にWORKLANDという職人専門の店で購入できます。
定価 7,150円 →ネット通常価格 3,035円(税込)
このお値段で夏以外の年中きて2年はいけます!年間だと1500円でこの暖かさ!
●ユニクロ ¥4,389ウルトラライトダウンベスト
●ワークマン 3,190円エアロストレッチフーデッドベスト

 

お財布にも優しい。現場では強さは正義!

現場仕事で求められる耐久性とコスパ、待機中にほしい暖かさ、動くときの軽さと動きやすさ、これらを総合したらワークマンやユニクロの人気商品を凌駕する名作ベストだと個人的に思っています!リアルワークマンが選ぶベストなベストはJAWINベストとなりました。

ただし、他の商品も、もちろんいい商品で、このランキングは足場職人の仕事中を想定しているので普段着としては欠点もあります。
かさばります。ユニクロウルトラライトダウンみたいに小さく収納できるわけでもなく携帯性には乏しいです。
ファッション性、ぼくは個人的にかっこいいと思っていますがファッション性=女性もきれるってことで考えてみると。

左からユニクロ、ワークマン、JIWINベスト

 

うーん。。JAWINは女性が着るのは難しいかな。。

 

個人的にはワークマンのベストが一番かわいいと思いました!JAWINは男性っぽいデザインで確かに女性が着てもどう合わせたらいいかわからないですね。。

 

ということでファッション性という意味では皆無かな。
なので普段着としてはお勧めできないかも知れないですね。
あくまで仕事用で足場職人におすすめってことです!

ベストなベストまとめ

ユニクロワークマンJAWIN
価格4,389円3,190円○3,035円◎
暖かさ
軽さ
丈夫さ
動きやすさ

といった感じで、それぞれ特徴あり。

ユニクロライトダウンベスト

職人の現場作業で必須な丈夫さ、という点で劣るユニクロライトダウンは選択肢に入らないけど、普段使いには携帯性抜群だし、一着もっておくという点では絶対重宝まちがいなし。

ワークマンフュージョンダウン

もともと作業着を作っているだけに、丈夫さもそこそこありそうだし、暖かいのもいい感じです。普段着と兼用でこっちも着てみようかな。

JAWIN

現場ではやっぱりこれ!とにかく強い、暖かい、動きやすい。普段着としてはないけど、足場の現場では、塗装屋さんとかも入っているので塗料が服につくこともあるし、普通によごれるのでファッション性よりも使いやすさかな。ガチの評価で選びましたのでこんな結果です。




以上3点それぞれ良いとこりありな注目の3点ベストでした!
同業の方、ベストほしい方の参考に少しでもなれば幸いです。

このブログの更新情報はTwitterで

twitter りょうをフォロー

このブログの更新情報はInstagramで

Instagram りょうをフォロー

キケンな新人職人

記事の筆者

キケンな足場屋アートビルダーの施工スタッフ

りょう

株式会社アートビルダーの職人です。まだアートビルダーではペーペーです。足場を組むより飲み会を組む方が得意ですが、焼酎、いや、しょっちゅうやらかして先輩に迷惑かけてます。そんな僕は硬派をきどったミーハーです。だからこそ書ける記事があるはずと信じています!

  • twitter
  • instagram
  • mail