アートビルダー採用情報

Ryo Henmi

キケンな新人職人

トレンドから埼玉のことまで
職人目線でどんどんレビュー

夏は暑い。冬は寒い。毎日現場で作業していっぱい動いています。

そんな職人だからこそ語れる、快適でコストパフォーマンスの良い衣類や気になるアイテムをレビューするというミーハーだけどプロな情報ブログです。

ご家族の方へ

『売切!即完売!幻の商品ワークマンのイージスボトルホルダー』VS『今ならすぐに手に入る限定商品セブンイレブンの真空ステンレスボトル』

『売切!即完売!幻の商品ワークマンのイージスボトルホルダー』VS『今ならすぐに手に入る限定商品セブンイレブンの真空ステンレスボトル』

巷で現在大人気のワークマン『イージスボトルホルダー』。入手困難アイテムを手に入れるまでの道のりと類似商品としてセブンイレブンの真空マルチステンレスボトルを使って見た感想についての記事です。

さすがは幻の商品 関東近郊のワークマンを回った結果

ミーハーな僕がこの商品を見逃すわけにはいかない。早速、関東近郊の店舗へGO!!

が…

1件目、2件目、3件目。。。。どのお店でもまったくありません。。

なんとなく情報を調べていたら、6月に再入荷されるという噂をネットで見つけました。そして、、

現場帰りに寄った埼玉の店舗で、入店前に張り紙が!
入ってすぐの棚が空っぽ!も、もしかしてさっきまであったパターン!?
すぐに店員さんに聞くと、「今朝入荷したんですけどすぐに売れちゃいました。」と。。

うおーーーーーーーーー

なんかすごいショック!!
というわけで6月全く買えませんでした。。

社長!ワークマンのブログを始めて、この人気商品を僕は無視できません!しかし全くといっていいほど売っていません!!

そんなに手に入らないの?盛ってない?

盛ってません!!普段は盛り放題ですが、この件に関しては一切、幸手市民に誓って盛っていません!

じゃ、とりあえず同じような機能を持つ商品でよくない?
それレビューして。

イエッサ!!

というわけで、どの商品をレビューしようかなと考えながらフラッとセブンによると、ぴったりの商品発見!!

セブンイレブンのマルチステンレスボトルとイージスペットボトルホルダー比較

僕がコンビニで見つけた商品はこれです。セブン-イレブンとセブンネットショッピング限定で2020年7月10日から販売される「真空・断熱 圧倒的な保冷/保温マルチステンレスボトルBOOK」です。

同じく、ペットボトルの商品がそのまま入って、つめたさキープする商品!カラーはマットブラックとホワイトがありましたがマットブラックをチョイス。
なかなかしっかりしててかっこいいな!
お値段は1780円(税別)でワークマンのイージスボトルが980円(税別)の約2倍ですね。

気になるスペックですが、なんと!ワークマンのイージスボトル500mlのペットボトル専用なのに対して、こちらは最大670mlまで入る!!
そして最大6時間キープ。ということは早朝現場入り前にコンビニで買ったお茶が昼ごはん時まで冷たいなんていうすごいことがおきちゃう!これはいいかも。

さらに、この商品は蓋が2typeついてまして普通に飲み物を直入れして水筒的な使い方もできます。計7通りの使い方ができてしまうというイージスボトルの進化系的なポジション?!

コーヒーカップまるまる入るのは特にいいかも!コンビニでアイスコーヒー買うと水滴がわりとつきますもんね。

マルチステンレスボトルは使いどころを選ぶ??

いよいよ実際につかって見た感想を述べたいと思います。
まずはペットボトルを指してホルダーとして使って見ました。ガチの感想ですのでお許しを。

ペットボトルホルダーとして

んーーー。。思ったよりでかい!

500mlペットを入れたのを上から見るとわかるかな。
670mlのペットボトルまで入るので大き目につくっているのがあだになったかな。グラグラです
なので、まず一番最初にペットボトルの蓋がしっかりしている状態で先にセットしてしまうとペットボトルが回って蓋を外せません。。
また、ゆるく閉めるとカバンなどに入れているときにこぼれるのが怖いのでしっかり閉める時も結構入れたままだとやりにくいです。
ワークマン製イージスボトルはしっかり500ml専用なのでしっかり固定される仕様。

幅でいうと、1.5Lのペットボトル持っている感じです。割と大きいなと思いました。女性の方や子供は少し片手で持つと不安定な感じがしました。
この大きさのネックなところは、車のホルダーとかに入らない。なので運転中のドリンクの置き場所にすごい困ります。車内用としてはちょっと微妙か。。また蓋を外そうとしても中身が回るので、運転中に片手で飲めません。。
なのでドライブ中の使用。に関してはっきり行って向いてません。

水筒として

続いて水筒として使って見ました。氷をいれて飲み物を直接入れました。

おぉーーー!結構入る!!

600ml+氷いれて全然余裕です。この容量はいいですね!僕ら職人はめっちゃ水分とりますからね。
その後、車で移動して現場で飲もうとした時、

ベチャッ!!

んっ!??

なんと!入れた飲み物(コーラ)が漏れてるーーー!!!
蓋ちゃんと閉めてなかった。。。。
と車のなかで軽い参事になりました。

気をとりなおして今度はしっかり蓋を力いっぱい閉めました。
これで安心と、10分後。。。

ベチャッ!!
も、漏れてるーーーー!

蓋の締め方が悪いのか?たまたま不良品つかまされたのか??
その後もなんども閉めてみたのですが横向きになったりしたら漏れます。
ペットボトルでも述べましたがこれも車中使いに向いてない。。
めっちゃしっかり蓋を閉めないと漏れるなら、運転中は絶対飲めないですね。。
正直カバンに入れるのなんてもっと怖い。。。

(後にわかったんですが、炭酸だと余計漏れやすいかも)

保冷効果

肝心の保冷効果ですが、これは実際に体感できました。ペットボトルを25度くらいのところで使用すると大体3.4時間はキンキンとはならないですが冷たいままです。(パッケージ記載の6時間だとぬるくなってました。)
あたたかいお茶のペットボトルでも使ってみたところ、何もなしだと20分くらいで冷めますが1時間ほど暖かいと言える保温効果を発揮しました。
直接氷を入れての運びだと、5時間くらいならぎり氷が溶けていませんでしたが、8時間くらいで全部とけてました。
手軽に保温という意味ではなかなかの効果になるかもしれません。

まとめ。
どうやって使うのがベスト?
意外に不便な部分も。

えーと、すいません。かなり人気の商品なので期待しすぎたのかも知れません。ペットボトルの手軽さなのに唯一の弱点→すぐぬるくなる
これを解決してくれる商品ではあるのですが、正直持ち運ぶのに意外と不便な点が多く見えてきました。
持ち運ぶにはやや重い。手におさまらないので手軽さ減。カバンは絶対いる。
いちばん残念なのがグラグラするので飲みにくいし、蓋が開けにくい。。
漏れるのは完全ダメ。(これは入れ方?いずれも気軽ではない)
と、意外にも携帯性がわるいのかなと思ってしまったのが率直な感想です。

持ち運びじゃなくてデスクに置いとくとかならめっちゃいいかも。
コーヒーの水滴机につかないし、氷がすぐに溶けてアイスコーヒーすぐ薄くなる問題も解決できるし。
ちょっと色々できるようにした結果、肝心のペットボトルの持ち運び機能がかすんじゃった感じですね。
多機能だけど、欲しいのは水筒じゃない。ペットボトルホルダーってところで言うとワークマン製イージスボトルに軍配ですかね。値段も含め。

と、ここまで書いて見てすごいもやっとしているのですが、、

イージスペットボトルホルダー欲しい!このペットボトルホルダーがおもってたのとちげー!ってなってるけど、手に入らない幻の商品と言われたらなんか。。
とんでもなくほしいーーー!と思っているのは僕がミーハーだからだっ!!!

どうしてもイージスペットボトルホルダーが欲しいんです。

というわけで、社長!!
実際に話題の商品使って見たらいい点ばかりではありませんでした。

ただ、、、

ただ??

どうしても、なぜか無性にイージスペットボトルホルダーを手に入れたい欲が止まりません!!

何を隠そう。。

俺もダーーー!!

えーーーーー!

だから、急遽!手に入れるまで探し続けるぞ!!
ていうかアートビルダー総出で会社をあげて探しまくるぞーーーーー!

えーーーーーーーーーーーーーーーー!

というわけでして



今回をもちまして、弊社ではイージスペットボトルホルダーを職人総出でさがすという、『即完売!ワークマン、幻の商品イージスペットボトルホルダー』を手に入れるまでプロの職人がガチでワークマンに行きまくり手に入れるまでのドキュメント企画をスタートすることにしました!
イージスペットボトルホルダーお探しの皆様によきご報告ができればとおもっております。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

このブログの更新情報はTwitterで

twitter りょうをフォロー

このブログの更新情報はInstagramで

Instagram りょうをフォロー

キケンな新人職人

記事の筆者

キケンな足場屋アートビルダーの施工スタッフ

りょう

株式会社アートビルダーの職人です。まだアートビルダーではペーペーです。足場を組むより飲み会を組む方が得意ですが、焼酎、いや、しょっちゅうやらかして先輩に迷惑かけてます。そんな僕は硬派をきどったミーハーです。だからこそ書ける記事があるはずと信じています!

  • twitter
  • instagram
  • mail